消費者金融の取り立てと聞くと

「怖い人がきてお金を脅し取られるんじゃないの・・・?」

と、思っている人が多くいると思います。

では、実際に消費者金融の取り立ては怖いのでしょうか?

今回は、消費者金融の取り立てについて以下の事を紹介します。

  • 消費者金融の取り立ては実際は怖くない?
  • 消費者金融の取り立てとは実際にどんな事をするのか
  • 悪質な消費者金融の取り立てと対策

この記事を読んで、消費者金融の取り立てについて理解を深めてください

また、違法で悪質な消費者金融の取り立てへの対策をしましょう。

消費者金融の取り立ては怖いの・・・?

怖い人が怒っている

なぜ、消費者金融の取り立ては怖いなどの印象を持つ人が多くいるのでしょうか?

たしかに、ドラマや映画などの演出は大きな要因とも言えますね。

ただ、それだけではないでしょう。

なぜなら、一昔前までは悪質な取り立ても実際に存在したのです!

しかし、現在ではほとんどいないでしょう。

「どんなに悪質な滞納を繰り返したとしても、脅して回収することはあり得ません」

また、消費者金融は金利で儲けている会社なので多少の滞納に神経質なったりしないでしょう。

なので、電話や手紙が来ることがあっても家に怒鳴り込んでくることは絶対にありません。

そこで、以下の事を詳しく紹介します。

  • 過去の消費者金融の取り立て
  • 現在の消費者金融の取り立て

消費者金融の取り立て~過去~

現在は、正規の消費者金融ではあり得ませんが一昔前までは悪質な取り立てが行われていました。

では、悪質な取り立てとはどんなことでしょうか?

過去に起きた事例を紹介します。

これは、貸金業法という法律が変わる前に、一部消費者金融が利用者に対し強引な取り立てを行っていたという事例です。

まず、融資自体にかかる金利が現在より高い設定でした。(現在では上限の金利は決まっています。)

これは、グレーゾーン金利と言われており、法律では明確に違反ではないものの金利の高さが問題になっていました。

取り立てを行う際も、利用者が身の危険を感じるほどの乱暴さや暴力団とのつながりをほのめかす脅しをしていました。

更には、勤務先や子供の学校にまで電話をしたり、利用者が取り立てを苦に自殺をしてしまうなど悪質な行為がありました。

このような取り立ては、「アイフル」「アコム」「プロミス」など、さまざまな消費者金融が行っていました。

しかし、アイフルの取り立てについてが強調されて問題となり、取り立てを行った営業所だけでなくアイフル全体の営業所に業務停止命令が下ったのです。

消費者金融の取り立て~現在~

過去に怖い思いをした人がいたのも確かですが現在はどうでしょうか?

現在では、アイフルをはじめ多くの消費者金融は悪質な取り立ては行っていません。

なぜなら、2006年に貸金業法の改正は成立したからです。

これにより、脅すなど悪質な取り立てや高金利での貸し付けは出来なくなりました。

消費者金融にとって、イメージダウンは新規顧客が減ってしまう事に繋がりますよね。

なので、現在は悪質取り立てを行うことはないでしょう。

また、業務停止命令を受けたアイフルでしたが、その後に法令順守と企業改革を行いました。

そして、今では業界3位となる会員数です。

本当に怖い会社ならこれほど会員数は伸びませんよね。

費者金融の取り立ては実際にはどんなことをするの?

封筒と札束

では、実際に消費者金融の取り立てはどのように行われるのでしょうか?

いくら悪質な取り立ては行わないと言っても、貸したお金を返してもらえなけば会社が成り立ちませんよね。

なので、消費者金融の取り立ては法律に従ったルールに則って取り立てを行います。

取り立てのルール

悪質な取り立ては行われない事は分かりましたね。

では、現在の消費者金融はどのようなルールに従って取り立てを行っているのでしょうか?

貸金業法第21条「取立行為の規制」では、以下の取り立てを禁止しています。

  • 借主の自宅に多人数で押しかける
  • 正当な理由なく、午後9時から午前8時の間に借主に電話したり自宅を訪問したりする
  • 借金のことを借主の周囲の人に知らせるようにする
  • 他(人や金融業者)からの借入れで返済するように強要する
  • 裁判所、もしくは弁護士など専門家から「借主が財務整理をする」と通知を受け取ったにもかかわらず取り立てを続ける
  • 大声をあげたり、乱暴な言葉を使う
  • 暴力的な態度をとる
  • 正当な理由なく、借主の勤務先を訪問したり、勤務先に電話をかけたりする
  • 法律上、支払い義務のない人(借主の家族など)に対して「代わりに返済するよう」要求する

つまり、生活に支障をきたすような強引な取り立てをしてはいけない、ということですね。

また、法律に加えより厳格なルールを社内に設けている会社もあります。

消費者金融の取り立ての手順

電話をしている女性と男性

消費者金融からの怖い取り立ては来ないと分かりましたね。

では、どのような取り立てを行うのでしょうか?

先ほど説明したルールに従って以下のような手順で督促を行います。

  1. 電話
  2. 督促状
  3. 事故情報登録
  4. 法的処置

では、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

1.まず初めに電話が来る

返済が遅れるにも関わらず消費者金融に連絡をしなかった場合、返済期限の翌日に督促の電話がかかってきます。

この電話で延滞している事を伝えられ、いつまでに返済可能か確認されます。

ただ、電話で約束した日に返済すればそれ以上電話が来ることはありません。

何度か携帯電話に連絡しても繋がらない場合、自宅や職場に電話がある可能性もあるでしょう。

しかし、その際に会社名を出すことはなく個人名でかけてきます。

優しく丁寧な口調で対応してくれので遅れる際は、正直に自分から連絡をしましょう。

職場への催促の電話について説明しているので不安な方は合わせてご覧ください。

職場への催促の電話についてはこちら

2.次に督促状が家に届く

督促の電話に出なかったり、返済が大幅に遅れている場合には自宅に督促状が届きます。

封筒には社名は記載されていませんが、この督促状により家族などにバレてしますケースが多いでしょう。

また、督促状の内容は返済額と遅延損害金(延滞金)を指定の期日までに返済するよう要求するものです。

督促状に応じないと、自宅に訪ねてくる業者もいるようです。

そのような場合も、勝手に入ってきたり乱暴な事をする事はありません。

ただ、自宅に来られて困る場合は早めに返済しましょう。

3.それでも返済しないと事故情報登録をされる

延滞が2~3ヶ月以上続くと「長期延滞(ブラックリスト)」として自身の信用情報に事故登録されてしまいます。

このような金融事故情報は、あらゆる金融機関・金融業者が閲覧可能です。

なので、長期延滞の登録がされると以降5年間は「返済能力がない」とみなされてしまいます。

そのため、新たにローンを組む事やクレジットカードの発行も出来なくなります。

4.最後には法的処置を執られる

以上の督促があったにも関わらず応じない場合、簡易裁判所から内容証明便が届き法的処置が執られます。

この場合の法的処置とは、法に基づき強制的に財産や給与を差押えを受ける事です。

怖い取り立てを受ける事はありませんが、返済が完了するまで消費者金融からの督促は続きます。

悪質な消費者金融の取り立てと対策

悪質な取り立て

ここまで、ドラマのような悪質な取り立てをする消費者金融はいないと説明しました。

ただ、消費者金融とは金融庁に正式な届け出を提出している会社のことです。

しかし、それを提出する事なく貸金業を行う会社も存在します。

それを「闇金」と言います。

この闇金にだけは手を出してはいけません。

そこで、闇金について以下の事を紹介します。

  • 悪質な消費者金融は高額な金利と暴力的な取り立てを行う
  • 悪質な消費者金融の取り立てを受けた際の対策

悪質な消費者金融は高額な金利と暴力的な取り立てを行う

闇金とは上記したように正式な届け出を出す事なく、貸金業を行う会社の事ですね。

闇金を題材にしたドラマや漫画もあるので名前だけでも聞いた事はあったのではないでしょうか?

闇金は主に大手銀行や上場企業に酷似したロゴを使用しあたかもグループ会社であるよう詐称します。

「◯◯のグループ会社なら安心だ」と誤認させて営業をする事が多いです。

また、高額な金利での貸し付けや暴力的な取り立ても行うでしょう。

悪質な消費者金融の取り立てを受けた際の対策

まず、悪質な取り立てとは具体的にどんなことを指しどんな法律に違反しているのでしょうか?

過去に問題となった事例とそれに適用される法律を下記表にまとめました。

違法な取り立ての内容 適用される法律
電話で脅された 脅迫罪
家に怒鳴り込まれた 不法侵入・脅迫罪
職場に嫌がらせをされた 名誉毀損等
玄関に落書きされた 器物破損等

このような事に当てはまる場合、その消費者金融を疑いましょう。

正規の消費者金融であればこのような取り立ては絶対にしません!

なので、悪質な取り立てを受けた際はすぐに警察へ連絡をしましょう。

また、弁護士に相談する事もおすすめします。

手数料を取られますが弁護士の方が警察より早く対処してくれるでしょう。

しかし、警察や弁護士に相談しても証拠がなければどうする事も出来ません。

消費者金融からの電話・メールの履歴や手紙など残しておくなど対策をしておきましょう。

まとめ

優しそうなスーツのお兄さん

今回の記事をまとめると

  • 消費者金融による怖い取り立ては実際にあった
  • 現在は法律改正を機に怖い取り立てはなくなった
  • 過度な取り立てが出来ないルールが法律にある
  • 延滞すると電話や督促状、最後は法的処置が行われる
  • 闇金という消費者金融を名乗る悪質な人たちがいる
  • 違法だと思ったら警察や弁護士にすぐ相談する

消費者金融の取り立てに対するイメージは変わったでしょうか?

今では、多くの法律が私たちを守ってくれていますよね。

しかし、自分の身は自分で守るものです。

消費者金融を利用した際は、延滞しない事が一番の対策と言えるでしょう。

消費者金融の取り立てについて理解を深め、違法取り立てには対策をしておきましょう。

また、消費者金融を利用する際に気になるのが審査についてですよね。

消費者金融の審査の仕組みや基準について解説しているの参考にご覧ください。

消費者金融の審査の仕組みや基準についてはこちら