デメリットで頭を抱える人

「お金を借りたい」と思った時にすぐに借りられるのが消費者金融で、審査や融資のスピードは消費者金融の最大の強みです。

しかし借りたお金を返さないでいたらどうなる?すぐにブラックリスト入りしてしまうのでしょうか。

今回は消費者金融で借りたお金を、返さなければどうなるか説明していきます。

返済期限を過ぎたはじめの頃は

消費者金融からお金を借りると、必ず返済期限が発生します。

その返済期限を過ぎても返さないと、まず自身の携帯電話に支払いの催促電話がかかるようになります。

この時点ではブラックリストに載らないのでご安心ください。

ちなみに「ブラックリストに載る」という言い方は俗称で、専門的には「事故情報」という形で記録に残るという意味になります。

この頃の電話は、返済を始めた場合であれば入金確認であったり、まだ返済を開始していない場合は、いつ頃返済できるかの確認電話となります。

携帯電話にかかってくる電話を無視し続けると、今度は自宅電話にかかってくるようになりますよ。

自宅にかかるようになると、家族も電話をとるので面倒くさいことになりかねません。

催促を無視し続けるとこうなってしまいます

電話での催促を無視したり、返済期限から1週間以上経過しても支払いをしなかった場合、消費者金融は次なるステージに上がっていきます。

それは職場に電話をしてきたり、催促の郵便物が届くようになります。

ただ会社に電話がかかってくるようになったとしても、消費者金融は会社名を名乗らず個人名で電話してきますので、自分が言わない限り会社の同僚に、お金を借りていることがバレることはありません。

個人的にはここまで来るまでに支払いをしたいと強く感じます。

しかし、「このまま放置または、返済しないでいるとどうなる?」と思われる方も多いでしょう。

放置しておくと、さらにヒドい状況に陥っていきますので、親にお金を借りてでも無理して返済をする時期だと個人的には思います。

最終的にはこうなる

会社に電話がかかってきたり、催促の郵便物が届くようになっても借りたお金を返済しない場合はこうなっていきます。

明確な基準は公表されていませんが、返済期限から2ヵ月以上、もしくは3ヵ月以上経過したら「ブラックリスト」いわゆる事故情報として、記録される可能性が高くなります。

事故情報として記録されると、どんなことになるのかと言うと、今後一切の金融機関からお金を借りることができなくなってしまうのです。

住宅ローンや教育ローン、自動車ローンはもちろんのことクレジットカードを作ったりすることもできなくなります。

事故情報は、信用情報機関というところに記録されるため、全ての金融機関で情報共有がなされることになるため、1社でしかトラブルが起きなかったにもかかわらず、このような事態になるのです。

もちろん、借りたお金はなくなるわけではありません。

ここまでくると、債権回収会社が代わって取り立てをするようになり「支払督促申立書」が送って来られるようになります。

それでも返済しない場合は、消費者金融側が裁判所に給料差し押さえする手続きに入って、強制的に給料から返済されるようになります。

こんなことにはなりたくないですよね。

いかがだったでしょうか。

借りたお金を返さないでいると、借金は減らないばかりか利息もどんどんついていきます。

そして放置しておくことでブラックリストという、事故情報にも記録が残ってしまいます。

もちろん事故情報には5年という時効があり、時効を過ぎると再度借りられるのですが、説明した通りデメリットしかないことが分かったでしょう。

不便なことしか残りませんので、くれぐれも注意しましょう。