借金催促の取り立て
消費者金融の取り立ての仕組み~ルールに則った方法とは?~

消費者金融が行う取り立てには、ルールと仕組みがしっかりとあることを私は知っています。

ドラマのような取り立てはありませんが、法律に則った取り立てはできるのです。

ここではそんな消費者金融の取り立ての仕組みを解説していきます。

取り立ての基本ルール

消費者金融でお金を借りるとドラマのような取立てがあると、勘違いしている人は多いかもしれません。

私も取り立ての仕組みを知るまでは怖い思いをすると勘違いしていました。

しかし、ドラマのような取り立ては法律で禁じられているために、消費者金融では行うことはありません。

消費者金融が取り立てを行うときのルールは朝9時から夜20時までしか連絡ができないことと、本人にのみ連絡ができることです。

基本的に滞納をすると、電話で滞納していますという案内がくることが多いです。

電話以外では郵便で督促がきます。

ただ、実際に会社へ顔が怖いお兄さんが来ることはありません。

逆に訴えられますので、消費者金融は決してそのような行動はとらないと推測します。

基本ルールに則った取り立てはしつこいくらいにしますが、それは法律に違反してはいないです。

また、電話を掛けてくるのは女性で、マニュアル通りのことを話します。

マニュアル以外のことを話して法律に触れないようにしているのです。

借りている人に恐怖を感じさせると、消費者金融の方が訴えられることがあります。

そのリスクを避けるためにソフトな声の女性が電話を掛けてきます。

本人が電話に出てうちは諦めずに何度も掛けてくることが多いです。

これは次の行動に移るための布石になっています。

本人が出ているうちは本人にしか連絡ができないという法律に従っています。

本人が出なくなると、次の取り立てる行動にでるのです。

やむ得ない場合は本人以外に連絡をする

取り立てのルールとしてやむ得ない場合は、本人以外に連絡をしてもいいことになっています。

例えば、本人が催促の電話を無視したときが、このルールに当てはまるでしょう。

督促の電話を無視すると、会社や実家に電話をかけてくるのです。

こうすることで本人に返済を促すことが目的です。

こうなったとしても、消費者金融側は丁寧に取り立てを続けます。

乱暴な口調で脅し取ると法律に違反になるからです。

このくらいになると借りている本人の方がイライラしていることが多いです。

会社に電話がかかってくると仕事に集中できなくなります。

そのイライラは電話を掛けてくる消費者金融にぶつけます。

この繰り返しを延々とすることで諦めて返済をしてもらうことが目的です。

消費者金融としては、恐喝などの強硬な手段が使えないので、じわりじわりと攻める方法を取ります。

ただ、どんな状態になっても、取り立てで怖い思いをすることはないと私は思っています。

消費者金融の取り立てルールのまとめ

消費者金融が取り立てをするときには明確なルールと仕組みがあります。

そこからはみ出して取り立てを行うことはないです。

また、ルールをしっかり守る場合も恐怖を感じさせないように配慮しています。

こうすることで訴えられるリスクを抱えないようにしているのです。

そんな消費者金融の取り立ててでは、最初から最後まで怖い思いをすることはありません。